INTERVIEW

店内イメージ歯車 インタビュアー :美容師を目指したきっかけを教えてください。
金森 :私が美容師を目指したきっかけは、母親の影響でしょうね。物心ついた頃から
母のサロンでいわゆる“お手伝い”もしてましたし、家とは違った非現実な空間で夜な夜な音楽を聴くのも好きでした。学校でも絵を描いたり物を作ったり、とにかく図工の時間も大好きだったことも影響していると思います。
インタビュアー :美容師を目指す中で苦労したこと、大変だったことがあれば教えて
ください。
金森 :正直やはり一番最初に働きだした頃ですね。
当時は、今の若い人達には馴染みの少ない“丁稚”社会でしたから、働くというより、働きな
がら修行をつけてもらう時代。給料も12万位だったかな?とにかくお金がない(笑) 月18000円のトイレ風呂なしの物件で、毎朝誰よりも早くサロンに入って掃除して、誰よりも遅くまでレッスンして日付が変わるまでに帰れば…みたいな生活。 風呂も2日に1度銭湯でしたし、ご飯もまともに食べれなかったので、実家から送ってもらった菓子折で飢えをしのいだのを覚えています。いいネタできましたよ。(笑)
インタビュアー:独立されたのはいつ頃ですか?そのきっけかは?
金森 :独立は29歳でした。以前働かせてもらってたサロンは高槻で2店舗の規模だったのですが、その統括みたいな役員させてもらっていました。居心地は決して悪くなかったんですよ。今より時間もあったし、給料も高かったし(笑)
でも、自分を試したいってのもありましたし、100%自分の納得いく、美容師一人一人が輝いちゃうサロンを作りたかったんです。
だから辛かったのですが、以前のサロンからは4駅離して、当時のお客様にも一切告知しませんでした。それでもどこからかウワサを聞きつけて「やっと見つけた!」とボーボーの頭で新店舗にいらしていただいたのは感動的でしたね。今もオープンして10年近くなりますが、高槻の頃のお客様も大勢いらっしゃいます。長い方は20年近いお付き合いですし、当時中学生だった子がお母さんになって子供さんを連れてくる…
みたいなお付き合い。感謝。

店内イメージ インタビュアー:「Toy(s)Factory」ならではのこだわりやイチオシを教えてください。
金森 :技術がいいのは当たり前のこと。サロンでの仕上がりを家でも最低限の労力で 再現でき、尚且つ長持ち!がモットー。
“toy(s) factory”は直訳して“おもちゃ工場”。おもちゃ工場ならではの面白い事や楽しい事を生み出して、お客様が心身ともに美しくなることをお手伝いさせてもらいます。
がこだわりです。その為にはやはり丁寧なカウンセリングと丁寧な仕事が必要。 少し時間はくださいね。
あと、やれ“癒し”だの“カリスマ”だのありますが、わがtoy(s) factoryは“元気”です。
「toy(s) factoryに来たらいつも元気になるわ!」が最高の褒め言葉です。

インタビュアー :HPをご覧いただいている、まだ「Toy(s)Factory」を知らない方へ一言
金森 :toy(s) factoryは私が少しフランクで変わってるせいか、スタッフみな個性的でユニークな連中の少し変な美容室かもしれません。
だから悩みや希望も気兼ねなく話し易いと思います。若々しく!でも可愛く!でも気軽におっしゃってください。
飾らなくても輝いちゃうような…を引き出していきましょう!